小さい家

個性豊かな物件

屋根裏部屋

注文住宅は施主のセンスをデザインに拘ることで実現するものです。
その外観はもちろんのこと、住空間となる室内の内装にもそのセンスを活かすことになります。
ただし、漠然とイメージするものはあってもどのように形にするのかは、専門家に任せることになります。
つまり設計を行う建築士に委ねるために、希望する条件や拘りの部分を話し合いによって伝えることが必要となります。
もちろん予算が限られる中において、どのようにそれを叶えるのかが腕の見せ所となるわけです。
そのためにはどのような建材を採用するのか、工法はどのようにして外壁には何を使用するのかなどのアイデアを出して、施主の希望するものに近づけるようにするというわけです。

これまでのデザイン性に拘りを持った住宅は、一般的にはあまり建てられることは無いものでしたが、実用性との融合によって広く普及するようになったわけです。
それは費用の面における変化も背景にあります。
つまり、実用性を主体とする住宅と比べると建設の費用はかなり増えることになるために、何を削るのかという話になるわけです。
けれども耐震性能や住み心地をキープしつつもデザインに拘るために、建材や建具の仕入れコストを抑えたり、人件費を削減することができる工法の採用などによって、バランスを取ることができるわけです。
ローコスト住宅は建て売り分譲だけではなく、注文住宅を建設する上でもその技術やノウハウが活かされるようになっているわけです。